スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《ASEA》そのゼンボウを知りたいっ!

ASEAなるそのゼンボーを知りたいっ!
ソロソロと知るほどに、酸化還元反応分子なる「ASEA」のもの凄さが感じ取れたりして、いわゆるアンチエイジングという分類に属するのかもしれないが、チシキ不足のわたくしめなどでは歯が立たないことこの上なしっ。

ASEAとゆーのはベーコクの本さいとへと足を伸ばせばこうある。「The world’s first and only Redox Signaling supplement」つまりナンダ、ちょこっとエキサイトッで翻訳すればこーだ。「世界の1位および単に酸化還元反応の信号する補足」・・・わけわからん(笑)。意訳するとすればだ、「セカイで初の酸化還元反応分子のサプリメント化に成功した唯一のセーヒン」ってとこかしら。

なるへそASEAのそのハツメーたるや恐らくは画期的なもんじゃろうのぉ。ちょこっと御存知の方にメイルでQAしてみたんすけど、なかなかイキなことを申しちょるので要約しちゃお~。
「体を修復させる分子」つーのがASEAで、これが薄~い塩水に入ってるんよ。ソレを飲用してみることで体内の抗酸化反応を促進させ、免疫反応や自然治癒力(自己カイフクリョク)なんぞを飛躍的に高めるっつーからびっくらタマげたもん。
ASEAなる「反応分子」は病気の治癒だったり、老化のボーシに必須不可欠なことが知られてるブンシで、これをそのASEA同社が世界でお初にタイガイでアンテー的に保存しちゃったり、ショーヒン化することにせいこぉしちょるってこって、やぱーり凄過ぎるね、ASEA。

まさかと想ふがアンチエイジングの教祖さま的なパワァを持っているとすれば、ガンガン呑むことによって御歳を取り難くなったり、じゅみょーそのものが伸びたりとレキシ的に人類が望んできた悲願を実現しちゃったりするかもしれん。そんなポテンシャリティを感じさせるASEAであるけんど、是非ぜひいちど、試飲してみたいのぉと考えちょるっす。どーしよ?若返りがゲンジツのもんになったりしては、わたくしめは驚異を感じるほかナッシングだい。
ASEA・・・マンセイ!
スポンサーサイト

すさまじきかなそのASEA

ちょいと【ASEA】を試してみるのもよい。
わたしはやってみた。されど、はじめにうちは微妙な味わいのそのASEAに戸惑いすら覚えたものの、アンチエイジングの期待効果を狙ってなおも続けた経緯となり、いまはちょーど、その製品が切れてしまったとあって一寸お休みモードであーる。
ASEAは酸化還元反応分子と謂われるものの、その本性とゆーか実態とか安全性とかマッタク未知なるものと思いきや、そうでもない。タトエバ、ググってみてごらんさい。「ASEA」でなんぞ、モータースポーツっぽいものも現れるけど、ひとまずそれは無関係とあって無視願って、次に来るほ~むぺ~じなんぞは、ASEAを詳し~く点綴してる。
矢張りだ、ASEAは上陸前とあって、そうそうはジョウホウが我が国にハビコッテるわけではなく、貴重なその情報は数少ないHPなんぞから読み取るしかない。
でもってASEAのショーサイを御案内してるペイジを見る限り、まず「安全」っぽいことが書かれてあって、成る程アレダ、体験談なんかも載せていて、わかりやすいとは言えよう。さすがに、肌のよくなかったひとが、リスクある薬品めいたものだったら塗りたくったりはしないはずだから、信じて患部にそのASEAを塗ったと解釈できよう。さすればいかがかな、ドンドンと良くなっている景色が読み取れる。これ如何に?とまずはペイジを眺めて思うばかり。
反応分子なるモノってーのはそれほどまでに期待効果が持てるんかいの?それがホント~ならば是非ともトライアルしたいことこの上なく。いや、ASEAをマズは継続して呑んでみて、感じることをソノママニ感じてみて、さてどーか?と己に問うのがよさそーな、そーいった想いこもごもである。ツヅキハマタ。

未知なるその「ASEA」・・・いったい正体は?

まったくその「ASEA」なるショウタイが初めの頃は摑めませんでした。
わが国に無く、米国産のそのお水は、単なる水にも見えるが、口に含むとややしょっぱい?う~ん、プールの水っぽくもあったりと、コリャASEAってもんはなんだべか?がまず口から出てきたひとこと。
んでもって、ユージンに問い合わせ、ナニコレと聴いたところ、徐々にその正体が明らかになったとさ。
ASEA、それはヒジョーにこむつかしい理論のもと、どうやら分子レベルの物質らしく~、ただ安定した形を保つがために食塩水に入れておくのがいいらしく、だからもって飲料水のように見えるんだけども、詰まるところコレは分子レベルの製品ということらしき。
酸化還元反応分子といわれるその「ASEA」。マッタクモッテ意味不明であったが、すこーしずつイメージが膨らんできて、拙者のアホゥな頭にも定着しつつあるからオドロキ。。。ASEA効果???(笑)。
そー、ASEAはそーゆーワケでして、水ではなく、酸化還元分子っつーもんじゃからして、実態としては(実体?)目に見えんもんなんじゃなこれがまた。
というわけでASEAのことぁ綴ってみることにしまふ。
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。